基本情報

ご  挨  拶

 

 当公社は、昭和37年に「財団法人東京都環境整備事業協会」として東京都によって設立され、都の廃棄物行政の補完を目的に業務を開始しました。平成24年4月には公益財団法人に移行し、名称を「東京都環境公社」に改めて、東京都の環境施策を補完し、その事業の円滑な実施に協力する役割を果たしております。

 現在、当公社では、快適な都市環境の向上を図るため、廃棄物対策の事業として埋立処分場の管理運営や自治体等の廃棄物処理技術への支援を行っています。また、都の環境施策の推進に必要となる科学的な知見の提供に向けた調査研究事業に取り組むとともに、自然環境の保全事業にも着手しています。さらに環境負荷の少ない大都市東京の実現を目指し、地球温暖化対策に取り組む企業等への省エネ診断や各種の助成に加えて、水素社会の実現に向けたさまざまな補助事業の実施にも力を入れています。

 近年、東京の環境問題については、気候変動や新たな大気汚染のテーマに加えて、より高度な資源循環の推進など、さまざまな変化が生じています。当公社でも、社会経済状況の動向を踏まえながら、新たなニーズに迅速かつ的確に対応し、公益法人ならではの役割を積極的に果たしていくことが必要となっています。

 これまで培ったノウハウやサービスの質を改めて検証し、それらの一層の充実を図るとともに、組織運営の透明性や専門性を着実に確保しながら、付加価値の高い事業運営に取り組んでまいりたいと考えております。

 今後とも、当公社に対しまして、ご支援、ご指導を賜りますよう心からお願い申し上げます。

 

公益財団法人 東京都環境公社
理事長 影山 竹夫

公社概要

〔名称〕
公益財団法人 東京都環境公社
〔設立年月日〕
昭和37年5月14日
〔設立目的〕
公社は、地球温暖化防止活動の推進、省資源化と資源の循環利用の促進等、環境に係る事業を通じて、快適な都市環境の向上に貢献し、もって環境負荷の少ない都市東京の実現に寄与することを目的とする。
〔職員数〕
382名(平成28年4月現在)
〔事業規模〕
63億868万円(平成28年度予算)

組織図

平成28年4月1日現在

組織図

 

 

公社事業の沿革

昭和37年5月 (財)東京都環境整備事業協会(出えん金1百万円)設立
昭和48年12月 社名変更(財)東京都環境整備公社となる
昭和53年4月 産業廃棄物等受入業務受託
分析測定業務開始
昭和55年4月 浄化槽検査業務開始
昭和60年4月 道路清掃作業受託
昭和61年4月 河川清掃及び揚陸作業受託
昭和61年10月 分別ごみ処理施設運転管理業務受託(中防不燃ごみ処理センター第1プラント)
平成元年7月 出えん金1億円の増額
平成2年4月 焼却処理実験施設運転管理業務受託
スラグ等の船舶輸送業務受託
平成2年8月 清掃工場等の計器保全事業受託
平成4年5月 八王子市南大沢地域冷暖房施設の運転管理業務受託
平成4年8月 破砕ごみ処理施設運転管理業務受託
平成4年8月 寄附行為の全面改正
平成5年3月 一般廃棄物管理票の販売開始
平成6年1月 東京都推奨炭酸カルシウム入りごみ袋の販売開始(東京23区)
平成7年9月 東京都臨海副都心地域冷暖房施設の運転管理業務受託
平成7年12月 ごみ管路収集輸送施設運転管理業務受託
平成8年5月 出えん金2億5千5百万円の増額
平成8年9月 寄附行為の一部改正
平成8年10月 粗大ごみ申告受付業務受託
中防不燃ごみ処理センター第2プラント運転管理業務受託
平成8年11月 京浜島不燃ごみ処理センター運転管理業務受託
平成9年10月 城南島廃棄物処理施設(城南島エコプラント)開業
平成11年5月 「ISO9002」認証取得(環境測定事業部門)(平成14年「ISO9001」に移行)
平成12年4月 東京都清掃事業百年史の発行・販売
平成12年4月 島しょ焼却残灰積み替え処理事業受託
平成13年4月 家電リサイクル受付業務開始
平成14年10月 廃蛍光管類リサイクル事業開始
平成15年4月 寄附行為を全面改正
平成15年5月 医療廃棄物適正処理モデル事業開始
平成16年2月 品川・八潮エコ・ステーションの運営管理業務受託
平成16年10月 「ISO14001」認証取得(本社)
平成17年4月 東京都地球温暖化対策推進ネットワーク事業開始
平成17年9月 「ISO14001」認証取得(中防管理事務所・京浜島処理センター)・
医療廃棄物適正処理事業開始
平成17年10月 ICタグを活用した医療廃棄物追跡システムモデル事業開始
平成18年6月 中央防波堤埋立処分場見学案内業務受託
平成18年7月 ペットボトルリサイクル事業開始
平成18年9月 「ISO27001」認証取得(神田情報センター)
平成19年3月 廃消火器リサイクル処理事業開始
平成19年4月 東京都環境科学研究所 東京都より移管
平成20年2月 寄附行為を改正
平成20年2月 東京都知事より東京都地球温暖化防止活動推進センターの指定を受ける
平成20年4月 東京都地球温暖化防止活動推進センター事業開始
平成21年4月 中央防波堤外側埋立処分場関連事業の包括受託開始
平成21年8月 東京都知事より優良性基準適合認定制度第三者評価機関の指定を受ける
平成22年8月 本社を墨田区江東橋四丁目26番5号 に移転
平成23年4月 廃棄物分野における国際協力事業開始
平成23年7月 東日本大震災で発生した災害廃棄物の受入処理等支援事業開始
平成24年3月 東京都知事より公益認定を受ける
平成24年4月 公益財団法人 東京都環境公社 に社名変更(公益財団法人へ移行)
平成26年1月 大島町の災害廃棄物の受入処理等支援事業開始
平成27年3月 東京都知事より浄化槽法指定検査機関の指定を受ける
平成27年4月

浄化槽法定検査事業開始

自然環境の保全等事業開始

多摩分室開設

 

所在地

本社

〒130-0022
東京都墨田区江東橋4-26-5
東京トラフィック錦糸町ビル 8階
電話
総務部総務課:03-3644-2189(代)

総務部経営企画課:03-3633-1955
環境事業部環境事業課:03-3634-4030

環境技術部技術課:03-3647-7132
優良性認定評価室:03-3644-1381

  • JR総武本線 錦糸町駅 徒歩1分
  • 東京メトロ半蔵門線 錦糸町駅 徒歩1分
  • 都バス 錦糸町駅(南口) 停留所 徒歩1分

クリックして拡大

東京都環境科学研究所

〒136-0075
東京都江東区新砂1-7-5
電話:03-3699-1331(代)

  • 東京メトロ東西線 東陽町駅下車
    3番出口から徒歩約10分

環境計測センター

(東京都環境科学研究所内)

〒136-0075
東京都江東区新砂1-7-5
電話:03-3649-5247

  • 東京メトロ東西線 東陽町駅下車
    3番出口から徒歩約10分

 

 

東京都環境公社/東京都環境科学研究所地図
クリックして拡大

東京都地球温暖化防止活動推進センター

〒163-0810
東京都新宿区西新宿2-4-1
新宿NSビル10階
電話:03-5990-5061(代表)

  • JR新宿駅 西口 徒歩7分
  • 都営地下鉄新宿線 京王線 新宿駅 徒歩6分
  • 都営地下鉄大江戸線 都庁前駅 徒歩3分

 

東京都環境公社/地球温暖化防止活動推進センター地図
クリックして拡大

中防管理事務所

(環境局中防合同庁舎内)

〒135-0064
東京都江東区青海三丁目地先

電話

調整係:03-5531-3730

中防施設見学等:03-3570-2230

不燃ごみ処理施設:03-5531-3734

廃蛍光管類受付:03-6426-0157

 

 
  • 東京臨海高速鉄道東京テレポート駅
    または ゆりかもめテレコムセンター駅より
    都バス(波01)環境局中防合同庁舎前

 

クリックして拡大

事業所所在地

多摩分室

(東京都立川合同庁舎3階 多摩環境事務所内)

〒190-0022
東京都立川市錦町4-6-3

電話

緑地保全係:042-595-7805

浄化槽検査係:042-595-7982

神田情報センター

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-2-2 神田パークプラザ4階
電話:03-5296-7002

京浜島処理センター

〒143-0003
東京都大田区京浜島3-7-1
電話:03-3799-9127

厩橋分室(河川清掃事業)

〒111-0051
東京都台東区蔵前2-15-2
電話:03-3851-9638

潮見分室(河川清掃事業)

〒135-0042
東京都江東区潮見1-29-8
電話:03-3649-2943

ごみ管路収集輸送施設(有明清掃工場内)

〒135-0063
東京都江東区有明2-3-10
電話:03-3529-2351

事業案内

事業案内2016(PDF:11MB)