廃棄物情報処理事業

1.粗大ごみ申告受付事業

都内の区・市に、在住する住民から排出される、家庭系粗大ごみ処理の、申し込みを電話・インターネット等で、受付しています。各区・市ごとで粗大ごみの収集サービスの内容、質が多様化しており、その要望に応えるため、公社では、受付システムの改善・開発を重ねるとともに、サポート体制の強化を図り、住民サービスの向上を目指した運営をしています。

詳細はこちら>>

2.家電リサイクル受付事業

「東京23区家電リサイクル事業協同組合」からの委託を受け、東京23区内から排出される家電リサイクル法の対象品目について、収集依頼の受付を行い、組合会員事業者に受付データーをインターネットで配信するサービスを行い、資源循環を支援しています。

詳細はこちら>>

3.医療廃棄物適正処理推進事業

医療廃棄物(感染性廃棄物)は、その性質上、不適正な処理がなされた場合の環境や社会に与える影響は深刻であり、排出者責任が法的に厳しく問われます。
公社は、医療機関が「適正、安心、簡便」に排出できるように、バーコードタグによる廃棄物の個別追跡システムと、電子マニフェストが連動したシステムを構築し、公平な第三者の立場で運営をします。

詳細はこちら>>