環境調査研究事業

環境調査研究・技術支援事業

東京都環境科学研究所は、これまでの研究活動で培った成果や技術、研究施設などを活用し、東京の都市環境の改善・向上に資する幅広い研究を行い、環境施策の推進に寄与しています。

調査研究

東京都からの委託研究や首都大学等との共同研究、国・民間企業からの外部資金を活用しての研究など、東京都の環境行政に資する調査研究を実施しています。

≪主要研究テーマ≫

自動車の環境対策の評価に関する研究

最新規制適合車や低公害車の排出ガス低減効果の検証、エコドライブの推進やハイブリッド車などによる二酸化炭素排出低減対策等の調査研究を行っています。

資源循環に関する研究

廃電気電子機器や可燃ごみ・不燃ごみなどの、都市ごみに含まれる希少金属等の有用金属の含有量の推定や、資源循環の可能性に関する研究を行っています。

微小粒子状物質等対策の効率的な推進に関する研究

大気中浮遊粒子状物質のなかでも、より健康影響の大きいとされている粒径2.5マイクロm以下の微小粒子(PM2.5)に関する発生源寄与の推定や、さらに粒径の小さいナノ粒子の実態把握等を行っています。

有害化学物質の分析・環境実態に関する研究

残留性有機汚染物質などの環境中で分解されにくく、毒性が強く、極微量でも都民へのリスクが懸念される化学物質の汚染実態把握や汚染源の解明等の調査研究を行っています。

生物生息環境・自然浄化機能に関する研究

東京湾沿岸部の生物生息環境・自然浄化機能の向上を図るため、干潟や浅場の底生動物・付着動物・魚類の実態把握や水質・底質の調査研究を行っています。

都市のヒートアイランド現象に関する研究

東京におけるヒートアイランド現象の実態と影響、並びに緑を中心とした熱環境の改善効果について研究を行っています。

技術支援

自動車排出ガス試験、分析精度管理、都及び区市担当者を対象とした技術研修など技術支援を行います。

自動車排出ガス試験

自動車排出ガス計測装置等(シャシダイナモメータ等)の施設を活用し、以下の自動車排出ガス試験を実施しています。

  1. 普通貨物自動車、大型バス等のディーゼル車を対象とした「自動車NOx・PM法」に基づく自動車排出ガス試験
  2. 大型・小型自動車を対象とした自動車排出ガス低減装置等の性能試験
行政検体の精度管理

東京都環境局が民間事業者に分析委託している公共用水域の水質監視や事業所排水の水質規制にに係わる測定について、環境科学研究所では、委託分析の精度確保を目的として、民間事業者と同一の試料を分析し、正確な測定が行われていることを確認しています。

都及び区市町村の職員への技術支援

環境行政を円滑に執行するため、ダイオキシン類、悪臭測定や廃棄物等、環境に関連する知識・技術を継承するための研修を実施しています。

環境学習等

環境学習

東京都から新たに「環境学習事業」を受託し、実施します。

環境に配慮した実践行動や事業活動など、都民、事業者による自主的な取り組みが一層推進されるよう、「教職員研修会」や「テーマ別環境講座」等を実施し、環境学習の普及促進を図ります。

詳細はこちら >>

研究成果及び情報の提供
  • 研究論文や年報、研究所ニュース等により、これまでの研究成果や環境情報を提供しています。
  • 毎年、公開研究発表会を開催し、研究成果を発表しています。
  • 小・中・高・大学生及び都民の方に施設の見学を受け入れています。また、行政・海外研修生等の視察も受け入れています。
  • 研究施設を一般公開し、東京の環境の実態や研究成果について楽しく知っていただくため、研究員が詳しく解説いたします。
  • 資料室では環境関連の図書資料の閲覧・貸出しを行っています。

東京都環境科学研究所

東京都環境科学研究所は、東京都の環境施策の推進に必要な研究等を実施し、都及び都民等に知見の提供を行う公的試験研究機関です。