公益財団法人 東京都環境公社 東京都の廃棄物分野における国際協力事業

1.国内外との連絡調整を行うための専用窓口の設置

公益財団法人 東京都環境公社
電話:03-3647-9297
FAX:03-3644-2260
e-mail:tokyoprogram@tokyokankyo.jp

2.アジア大都市ネットワーク21(ANMC21)共同事業_都内研修(研修名:資源リサイクルの促進)の実施

アジア大都市ネットワーク21は、アジアの首都及び大都市が連携を強化することにより、国際社会におけるアジア地域の重要性を高めるとともに、危機管理、環境対策、産業振興などの共通の課題に共同して取り組み、その成果をアジア地域の繁栄と発展につなげていこうという、国際的なネットワークです。

アジア大都市ネットワーク参加都市

バンコク、デリー、ハノイ、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、ソウル、シンガポール、台北、東京、ヤンゴン

職員能力向上プログラム「資源循環の促進」研修

各都市におけるリサイクル技術の向上や廃棄物対策の推進を目的として、各参加都市の廃棄物政策担当者やリサイクル関係の技術職員を対象に、廃棄物処理やリサイクル技術に関する研修を行っています。東京都におけるごみ処理の現状や廃棄物政策、リサイクル等に関する講義を行うほか、清掃工場や処理施設などの関係現場を視察します。

2011年度の実施状況

研修プログラム(PDF)
・研修参加者 3名(バンコク、デリー、パダン(インドネシア)から各1名ずつ)

リンク(東京都HP)

3.廃棄物処理・リサイクル技術に係る研修等事業の実施

【北京市との技術交流・技術協力】

東京都と北京市は、2009年9月に、水及び環境分野において技術交流・技術協力を行うことに合意しました。
この合意書に基づき、以下のとおり、廃棄物処理分野の技術協力・技術交流を実施しました。

実施都市

北京市(中華人民共和国)

技術協力・技術交流のテーマ(北京市からの要望)

・ごみの減量及びごみの分別に関する取組
・清掃工場の建設手順と住民合意形成及び清掃工場の運営管理
・震災廃棄物への対応について

実施期間

平成23年9月5日(月)~ 平成23年9月9日(金)

プログラム

第1日 4(日) 東京発 北京着
第2日 5(月) 午前 「東京都の廃棄物・リサイクル対策について」
「震災廃棄物への対応について」
午後 「廃棄物処理における行政の役割-豊島区の取組-」
第3日 6(火) 午前 施設見学(堆肥化施設、中継所)
午後 「東京におけるごみ焼却施設の建設手順と住民合意形成」
第4日 7(水) 午前 施設等見学(朝陽区循環型経済園区及びごみ分別収集、運搬、分別処理システムの建設・運転状況)
午後 在中国日本大使館訪問
第5日 8(木) 午前 「東京23区におけるごみ焼却施設の運営管理」
午後 「住民・事業者とのコミュニケーション-新宿区の取組-」
第6日 9(金) 両都市における今後のごみ処理に関する対策と協力について協議
第7日 10(土) 北京発 東京着

研修講師

No. 所  属 部  署
1 東京都 環境局 廃棄物対策部 資源循環推進課 係長
2 新宿区 新宿清掃事務所歌舞伎町清掃センター 技能長
3 豊島区 清掃環境部 資源循環課 清掃計画係長
4 東京23区清掃一部事務組合 建設部 計画推進課 計画係長
5 清掃事業国際協力室 清掃事業国際協力課
清掃事業国際協力係
6 (財)日本環境衛生センター 技術審議役
7 東京エコサービス株式会社 総務部長
8 (財)東京都環境整備公社 技術部技術課国際協力事業担当 主任

北京市における廃棄物処理・リサイクル見学施設及び北京市からの情報提供

(1) 見学施設
・南宮堆肥工場
・小武基ごみ中継所
・麦北社区における家庭ごみの分別状況
・高安屯清掃工場
・高安屯埋立処分場
(2) 情報提供
・北京市における廃棄物処理の現状
・北京市におけるごみの減量及び分別の状況
・北京市における廃棄物処理施設の状況
・北京市における焼却施設に関する規則
・朝陽区におけるごみ分別について

資料

・東京からの提供資料(別添付)
・北京市からの提供資料(別添付)

【廃棄物分野におけるバンコク現地ワークショップ】

アジア大都市ネットワーク21共同事業「都市と地球の環境問題」の枠組みにより、東京都とバンコク都の2都市間ワークショップを以下のとおり実施しました。

実施都市

バンコク都(BMA:Bangkok Metropolitan Administration)

ワークショップの名称

廃棄物分野におけるバンコク現地ワークショップ

ワークショップのテーマ(バンコク都からの要望)

循環型社会形成に向けた取組み
(1)ごみ分別と処理フローの最適化
(2)都民との協働による廃棄物処理のあり方
(3)災害廃棄物

実施期間

平成24年3月12日(月)~平成24年3月14日(水)

プログラム

日 付 時 間 内 容
3/12(月) 体験・参加型ワークショップ
(東京のごみ分別体験、東京のごみ処理フロー及び住民啓発活動紹介、ディスカッション)
9:30-10:00 開会式
開会のあいさつ(バンコク都、東京都)
集合写真
10:00-12:15 ワークショップ”最適なごみ処理フローを目指して”
セッション 1 : 分別体験 /60分

11:00-11:15 – コーヒーブレイク -

セッション 2 : 東京の廃棄物処理の流れ(豊島区の事例)/60分

12:15-13:30

昼 食

13:30-16:30 セッション 3 : 住民の協力を得る(豊島区の事例) /60分

14:30-14:45 – コーヒーブレイク -

セッション 4 :バンコク廃棄物フローに関するグループ討議 /60分
まとめ: 最適なごみ処理フローを目指して /45分

3/13(火) 現場視察
AM プラカノーン区とプラウェート区
 

昼 食

PM オンヌットごみ処理センター
3/14(水) 災害廃棄物に関するシンポジウム
9:30-11:00 シンポジウム “災害廃棄物処理”
1 タリンチャン区、ラクシー区の洪水対策について /30分
2 バンコクの洪水対応について /30分
3 日本の震災廃棄物対策について /30分
4 ディスカッション /30分
11:00-11:15

コーヒーブレイク

11:15-12:00 ディスカッション
ワークショップのレヴュー及び今後の協力等について /45分
11:15-12:00 閉会式
議長総括
閉会のあいさつ(バンコク都、東京都)
集合写真
12:30-14:00

昼 食

※参加予定 約100名(3/12及び14)
・バンコク都:90名(バンコク都庁職員45名、バンコク都内行政区職員45名)
・東京都 :5名
・その他 :5名(JICA、大学関係者等)

ワークショップに参加する東京都メンバー

No. 所  属 部  署
1 東京都 環境局 廃棄物対策部 係長
2 東京都 環境局 廃棄物対策部 資源循環推進課 主任
3 豊島区 清掃環境部 資源循環課 清掃計画係長
4 (財)日本環境衛生センター 技術審議役
5 (財)東京都環境整備公社 技術部 技術課 国際協力事業担当 主任

資料

・東京からの提供資料(別添付)
・バンコクからの提供資料(別添付)

4.パンフレット・DVD

・パンフレット(英語版中国語版
・チラシ(英語版中国語版
・DVD(英語版 /中国語版)

本サイト上の文書や画像等に関する諸権利は(公財)東京都環境公社に帰属します。本サイト上の文書・画像等の無断使用・転載を禁止します。
Copyright 2012 Tokyo Environmental Public Service Corporation. All Rights Reserved.