公益財団法人 東京都環境公社

文字サイズ

実施レポート

イベント・セミナー

平成30年度産業廃棄物管理責任者講習会 開催結果

平成30年度産業廃棄物管理責任者講習会について、すべて終了しましたので結果をお知らせいたします。多くの皆様にご参加いただきありがとうございました。

開催状況

(全4回、修了証交付人数281名)

開 催 回・コース 開 催 日 開 催 場 所

修了証

交付人数

第1回
オフィスビル、製造・物流コース

平成30年 7月19日(木) 東京都トラック総合会館
大会議室
76名
第2回
建設系コース
平成30年 9月10日(月) 浜離宮建設プラザ
大会議室
67名

第3回
オフィスビル、製造・物流系コース

平成30年10月15日(月)

KFC 

Hall&Rooms

Room101~103

82名

第4回

建設コース

平成30年11月14日(水)

KFC 

Hall&Rooms

Room101~103

56名

 

講習会カリキュラム

東京都廃棄物条例では、産業廃棄物を排出する事業場を設置している事業者は、事業場ごとに産業廃棄物管理責任者を選任しなければならないと定めています。
・本講習会は、産業廃棄物管理責任者として排出事業者の責任等に関する理解を深め、その責務が果たせるよう人材育成を目的としたカリキュラムとなっています。修了者には、講習会修了証を交付しています。

 

第Ⅰ編 循環型社会の形成を推進するための体系と廃棄物処理法の概要

・循環型社会形成推進のための基本的な枠組み
・廃棄物処理法の概要
・廃棄物の定義

 

第Ⅱ編 排出事業者の責務

・産業廃棄物排出事業者の責務
・措置命令、罰則規定

 

第Ⅲ編 産業廃棄物管理責任者の実務

・産業廃棄物管理責任者の選任と実務
・マニフェストについて
・産業廃棄物処理の不適正事例

 

第Ⅳ編 オフィスビル等廃棄物の適正処理とリサイクルの推進(オフィスビル、製造・物流コースのみ)

・オフィスビル等から排出される廃棄物
・オフィスビル等の排出事業者
・廃棄物管理責任者の役割

 

第Ⅴ編 建設廃棄物の適正処理とリサイクルの推進(建設系コースのみ)

・建設リサイクル法と廃棄物処理法の関係
・建設工事における排出事業者

 

第Ⅵ編 東京都の産業廃棄物対策

・東京の産業廃棄物の現状

・東京都資源循環・廃棄物処理計画

・優良性基準適合認定制度

 

質疑応答

質問票で質問を受け付け、講義の最後に回答しています。
個別に回答をご希望の方は講習会終了後に東京都環境局の職員が対応しています。

 

確認テスト、確認テストの解答と解説、修了証交付

アンケート集計結果

本日の講習内容についての感想

講習内容によって差はありますが、「よく理解できた」「理解できた」が合わせて概ね89%~97%と参加者の方々から大変好評をいただきました。

 

第Ⅰ編 循環型社会の形成を推進するための体系と廃棄物処理法の概要

第Ⅱ編 排出事業者の責務

第Ⅲ編 産業廃棄物管理責任者の実務

第Ⅳ編 オフィスビル等廃棄物の適正処理とリサイクルの推進(オフィスビル、製造・物流系コースのみ)

第Ⅴ編 建設廃棄物の適正処理とリサイクルの推進(建設系コースのみ)

第Ⅵ編 東京都の産業廃棄物対策

講習会のテキストについて

「よく理解できた」、「理解できた」が合わせて97%と参加者の方々から大変好評をいただきました。

 

講習会テキスト

参加者の声

・過去の事例なども踏まえて説明があり分かりやすかった。

・申請書の記入例も記載があり、分かりやすく、今後業務を進める上で役に立つと思います。

・色々なところで講習会を受講しているが、今までの中で一番わかりやすかったと感じた。他の講習ではページや内容が行ったり来たりするので、後に確認した時にわかりづらいのだが、本講習は順序通りで良かった。