公益財団法人 東京都環境公社

文字サイズ

環境方針

環境方針

環境方針

環境方針

環境理念

東京においては、大気環境など身近な環境問題については着実に改善がなされてきたものの、一方では、自然の消失や膨大な資源・エネルギーの消費による二酸化炭素の増加など、地球規模での環境の危機に直面しています。

こうしたなかで当公社は、地球温暖化防止活動の推進や、省資源・資源循環の促進などの環境に係る事業を通じて、都市環境のさらなる向上や、環境負荷の少ない都市東京の実現に積極的に貢献していく必要があります。

当公社は、職員一人ひとりがこのような理念と使命を十分認識し、次の方針による事業活動を通じて、より快適で質の高い都市環境の創出に寄与することを目指します。

環境方針

(1)都民の環境問題に対する理解を広めるため、環境学習会や各種講習会の開催など普及啓発活動を行います。

(2)環境に関する技術支援調査事業等の経験を活かし、積極的に環境貢献活動を行います。

(3)廃棄物を適正に処理し、リデュース(発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再利用)の推進に努めます。

(4)事業活動によって消費されるエネルギー及び資源の省力化に努めるとともに、発生する環境負荷の低減を図り、汚染の予防に努めます。

(5)環境目的及び目標の設定並びに実施計画の策定と実践を行うとともに、環境マネジメントシステムの継続的な改善を図り、定期的に見直しを行います。

(6)環境関連の法令、その他の要求事項を順守します。

(7)この方針を文書化し、全職員及び関連事業者に周知するとともに、一般にも公開していきます。

平成28年8月1日

公益財団法人 東京都環境公社
理事長  影山 竹夫

公社の環境マネジメントシステムについて

当公社は、平成16年10月に環境マネジメントシステム国際規格ISO140001の認証を取得し、事業活動を通して、快適な都市環境の形成と生活環境の向上に寄与してまいりました。

ISO規格の認証取得から10年が経過し、各サイトにおける取組みが十分に定着するとともに、着実に成果が現れています。

そこで、公社は、これまでの取組・経験を踏まえ、平成27年4月より日常業務活動に特化した独自の環境マネジメントシステムを導入し、環境方針に基づき、環境の維持やさらなる向上に積極的に貢献していくため、環境マネジメント活動を推進していきます。