公益財団法人 東京都環境公社

文字サイズ

水素エネルギー出前授業

水素エネルギー出前授業

水素エネルギー出前授業

水素エネルギー出前授業とは?(小学校向け)

 

 

 持続可能な低炭素都市の実現に向けて、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で活用が期待される「水素エネルギー」を学ぶ小学校向けの出前授業です。

 

 水素情報館「東京スイソミル」のコンテンツを活用した授業を通して、将来を担う小学生に「水素エネルギー」への理解を深めてもらうとともに持続可能な社会づくりのために行動できる人材育成を目的としています。

 

 当授業は、東京都オリンピック・パラリンピック教育プログラムにも掲載され、オリンピック・パラリンピック教育の一環として実施することができます。

 

 平成30年度の実施レポートはコチラ>>>

 

授業のコンセプト

 

 〇「水素」の特徴や「水素エネルギー」の可能性を燃料電池自動車など実例を用いて、分かりやすく伝える。

 

 〇東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で活用が期待されている「水素エネルギー」によって未来の生活がどのように変

   わるのか、生徒自らが考え、カードに書き出す。

 

 〇「水素社会」がもたらす、未来の生活の変化を既存の学習内容と照らし合わせて学び、グループワークを通じ、協力して「未来の

 まち」を完成させる。

 

    

標準的な授業の流れ

 

 【導入】

 オリンピック・パラリンピックが社会を大きく発展させるきっかけになることをクイズ形式で学び、東京2020オリンピックパラリンピック競技大会で水素エネルギーの活用が期待されていることを紹介

 

  

 

 【展開】

 ① 水素社会の技術と社会の変化 燃料電池自動車、家庭用燃料電池等水素が活用されている技術、将来の水素社会で期待

  されることなどを学習。学習したことのアウトプットとして、燃料電池自動車や家庭用燃料電池などのカードに気づいたことを記

  入し、ワークシートに貼る。

 

 ② 燃料電池実験

   

 

 ③ 燃料電池自動車体験

 

 ④ 既存の学習内容との関係について考える

   水素社会の実現による変化と各学年の学習内容を関連付けて学習する。

 

   [4年生] 社会「健康なくらしとまちづくり」

   [5年生] 社会「日本の工業」

   [6年生] 社会「日本と世界のつながり」

 

   

 

 【まとめ】

  ワークシートの仕上げとして、「未来のまち」の名前をつけ、班ごとに発表するとともに本日の授業を振り返る。

 

実施要件

 

 対象:23区内・多摩地域の小学校 (4年生〜6年生)

 

 実施可能日:平成31年5月から平成32年2月までの平日(土日祝日、12月は不可)

 

 所要時間:基本単位:12コマ

 

 対応可能人数:40名程度まで ※クラス単位での実施

 

 講師:公益財団法人 東京都環境公社 職員

 

 備考:詳しくは下記問い合わせ先までご連絡ください。
    実施回数に限りがありますので、ご希望に沿えない場合がございます。

 

関連リンク

 

水素情報館「東京スイソミル」>>

 

東京都オリンピック・パラリンピック教育 >>

 

 

お問い合わせ

公益財団法人東京都環境公社

総務部 経営企画課 事業創出戦略広報室

TEL03-3644-2166 FAX03-3699-1409