東京都環境科学研究所

令和2年度 公開研究発表会(オンライン開催)

東京都環境科学研究所では、都の環境施策に役立つ調査研究を実施しており、その調査研究の成果を研究員が発表する「公開研究発表会」を毎年開催しています。

今年度はオンラインでの開催とし、解説付き動画(音声付パワーポイント)とポスターを掲載しております。

末尾にありますフォームにて、研究内容動画・ポスターに関する質問(1月15日まで)とアンケートを受付しておりますので、ご回答いただければ幸いです。

アンケート・質問はこちら>>

 

■研究内容動画公開期間 令和2年12月23日(水)~令和3年2月28日(日)

■質問受付期間    令和2年12月23日(水)~令和3年1月15日(金)

■主な質問への回答掲載期間    令和3年2月28日(日)まで

※いただいた質問について主なものの解説を随時掲載します。

研究内容動画

該当の動画をダブルクリックすると全画面でご覧いただけます。

 

 

多摩川水系で確認された外来付着珪藻ミズワタクチビルケイソウの繁茂実態                        

              環境資源研究科      主任研究員 石井 裕一

河川や海域などでは多くの外来生物の生息が確認されており、生態系への悪影響が懸念されています。

近年、全国各地の清澄な河川で、“ミズワタクチビルケイソウ”と呼ばれる外来付着珪藻の繁茂が報告

されるようになりました。ここでは、多摩川水系におけるミズワタクチビルケイソウの分布と消長に

関する調査結果を紹介します。

 

閲覧後はアンケートの回収にご協力いただければ幸いです。

アンケートはこちら>>

 

 

東京都におけるPM2.5の現状と高濃度事例の発生要因                                 

              環境資源研究科      主任研究員 齊藤 伸治

2013年に北京でのPM2.5高濃度が話題となりました。当時、東京都でも環境基準達成率は10%を下回って

いましたが、現在の状況はどうでしょうか。本発表ではまず、東京都におけるPM2.5濃度の現状を紹介します。

次に、当研究所で継続的にPM2.5を採取・分析した結果を用いて発生源を推定した結果や高濃度の事例が発生

する原因について報告します。

 

閲覧後はアンケートの回収にご協力いただければ幸いです。

アンケートはこちら>>

 

 

都内及び国内都市域の水環境における生活由来化学物質の生態リスク評価   

              環境リスク研究科     主任研究員 西野 貴裕

 

医薬品など、ヒトの日常生活に由来する「生活由来化学物質」は、快適で便利な生活の維持に大いに

役立っています。一方、これらの化学物質の多くは、使用後、河川など水環境中へ出ています。

そこで、都内や国内都市域の水環境において、生活由来化学物質の実態を調査し、水生生物に対する

リスク評価を進めてきましたので、その結果を報告します。

 

閲覧後はアンケートの回収にご協力いただければ幸いです。

アンケートはこちら>>

 

 

島しょ地域への水素蓄電の適用に向けた検討        

              次世代エネルギー研究科  主任研究員 小谷野 眞司

再生可能エネルギーの利用拡大は温暖化対策だけでなく、地産地消エネルギーの実現のためにも期待されています。

東京都の島しょ地域は、離島としての特殊性から非常時におけるエネルギー確保の観点からも再エネ利用を拡大する

意義があると考えられます。変動する太陽光発電の電力を貯蔵し、有効に利用する水素蓄電を島しょ地域に適用した

シミュレーション結果について報告します。

 

閲覧後はアンケートの回収にご協力いただければ幸いです。

アンケートはこちら>>

ポスター

ご覧になるポスターのタイトルをクリックしてください。

家庭から排出される食品ロスの実態について

小型使用過程車からの排出ガス調査~短時間停車後に再始動した際の排出ガスについて

不溶化処理土壌の有害金属長期溶出特性に対する土質の影響評価

清掃工場における低温排熱の有効利用に関する研究~バイナリー発電システムの有効性の検証~

質問・アンケート

今後の研究活動および公開研究発表会の参考とさせていただくため、アンケートにご協力をお願い致します。

質問・アンケートはこちら>>

主な質問への解説

詳細はこちら>>