年報はこちら 資料室 東京都環境公社サイト 東京都公式サイト 東京都環境局サイト
このマークがついているPDF文書の閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。
adobe reader

研究所テーマ

水環境に関する研究の歩み

水環境に関する研究は、河川の汚濁が問題となった昭和40年代に始まりました。当時は、河川の汚染機構の解明調査や、廃水処理技術の開発を行っていました。

その後、カドミウムやPCBといった化学物質による環境汚染が問題となり、実態調査や汚染機構の解明を行いました。また、平成10年代にはダイオキシンや環境ホルモンといった新たな課題にも取り組みました。

最近では、多様な生物が生息する豊かな水環境を目指して、東京湾沿岸部の生物調査や貝類を用いた有害物質の調査を行っています。

これまでの主な調査研究
調査研究項目 実施年度 内   容
水質 平17~平19 都市排水が河川水質と底生生物に及ぼす環境影響調査
平16 東京湾の水質汚濁状況の長期変動(1980~2002年)の解析
平14 玉川上水におけるダイオキシン類濃度上昇原因の検討
底質 平20 運河部・内湾部における底質の長期変動傾向(1973~2006年)の解析
平15 河川・海域底質および土壌に含まれるダイオキシンの汚染源推定
底生生物、水生生物 平22~ 立会川河口部および森ヶ崎沖における底生生物調査
平17~平19 都市排水が河川水質と底生生物に及ぼす環境影響調査
平18 東京湾における底生生物生息状況(1986~2002年)の解析
平17 東京湾沿岸部における水生生物調査データ(1986~2001年)の解析
大腸菌群 平20~平21 多摩川および江戸川における大腸菌群数調査
平17~平18 海浜公園および運河における大腸菌群数調査
化学物質 平19~平20 河川における有機フッ素化合物の汚染源解明調査
平17~平18 多摩川水系における1,4-ジオキサンの動態調査
環境ホルモン
(内分泌かく乱物質)  
平14~平16 東京湾へのエストロゲンの流入と魚類への影響調査
平10~平13 多摩川における内分泌かく乱物質とコイの生殖腺異常の実態調査
平10~平16 東京都内の水環境における内分泌かく乱化学物質の汚染実態調査
平12~平13 下水処理水中の化学物質がメダカに及ぼす影響調査
水質浄化 平17~平18 畜産汚水の高度処理に関する研究
平12~平13 生活排水の小規模高度処理技術に関する研究
雨水循環 平15~平16 区部低地部における雨水貯留効果の試算

このページの先頭へ