年報はこちら 資料室 省エネビル推進標準化コンソーシアム 東京都公式サイト 東京都環境局サイト 東京都環境公社サイト
このマークがついているPDF文書の閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。
adobe reader

研究所テーマ

ダイオキシン類

 東京都環境科学研究所は、平成11年にダイオキシン等分析室を設置し、ダイオキシンに関する様々な研究を行っています。

また、ダイオキシンを含む微量有害物質の分析精度を確保するための精度管理、市町村の環境担当者にダイオキシン分析に関する研修等を実施しています。

ダイオキシン類は、 ポリ塩化ジベンゾパラジオキシン(PCDD)、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)、コプラナーPCB(Co-PCB)の3種の化合物群の総称で、燃焼、農薬製造時の不純物、漂白等の塩素処理、高濃度の塩素が発生する工業工程やPCB製品などが汚染原因として知られています。強い毒性から社会的な関心も高く、近年対策が進み、排出量は大幅に減少(※1)しています。しかし、環境中では分解しにくい化学物質のため、過去に排出されたダイオキシンによる汚染が課題となっています。

近年のダイオキシンの発生量は99%が燃焼起源で、排出先は大気と考えられていますが、焼却炉対策の進展を反映し、大気中の濃度は年々低下(※1)しています。ただし、ダイオキシン類の1割近くを占めるCo-PCB濃度はあまり低下しておらず、保管されているPCB製品から環境中への揮散が、大気濃度にも影響しているのがわかってきました。

水環境では、農薬不純物由来と思われるダイオキシンの影響で河川下流や都内湾の水底土砂(底質)に若干の濃度上昇が見られるものの、ほとんどの地点の濃度レベルは低いという結果(※1)が得られています。しかし、東京湾に近い小河川の底質から高濃度ダイオキシンが検出され、詳細分析から塩素処理で生成する汚染であることがわかりました。

そこで、同地区は平成17年に河床をセメント固化する対策が実施されました。また、周辺で釣りが行われていることからハゼの調査も行ったところ、問題となる濃度ではないもののハゼには底質を汚染している PCDFではなくCo-PCBが蓄積していることがわかりました。都内湾のスズキやアナゴの調査を行った際もPCB製品由来のCo-PCBがダイオキシン汚染の主体でした。日本人のダイオキシンの摂取由来の8割は魚介類のため、ダイオキシンの中でも生物濃縮しやすい性質をもつCo-PCB汚染対策は焼却対策とともに重要な課題と考えられます。東京では平成17年からPCB製品の最終処理が始まりましたが、保管PCBの処理には約10年かかるため、処理が完全に終了するまでPCBの漏洩防止やその検証を行っていかなければなりません。

土壌のダイオキシンの場合にも、都内のほとんどの地点は濃度レベルが低いものの、一部にPCB製品などに由来する汚染が判明し、掘削・土壌処理が実施されました。こうした汚染場所の調査修復には長い時間と人手、多額の費用が必要となります。環境汚染という「負の遺産」を次世代に残すことがないように、有害影響の恐れのある化学物質の調査・研究を進めていきたいと考えています。

(※1)こちらをご覧下さい→平成21年度都内ダイオキシン類排出量推計結果及び環境中のダイオキシン類調査結果について(東京都環境局HP)

ダイオキシン類、PCB

環境科学研究所年報掲載論文

他誌発表論文一覧

講演に使用した資料

2008年1月公開研究発表会
(パターン解析から見たダイオキシン類汚染の過去と現在)
2006年1月公開研究発表会
(東京都におけるダイオキシン類汚染の現状)
2004年1月公開研究発表会
(環境中のダイオキシン類の由来-パターン分析からわかること)
2003年夏・区市担当者向け研修
(都内環境から見た環境媒体間のダイオキシン類の挙動)

このページの先頭へ