年報はこちら 資料室 東京都環境公社サイト 東京都公式サイト 東京都環境局サイト
このマークがついているPDF文書の閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。
adobe reader

研究成果

平成23年度第1回外部研究評価委員会 終了研究の事後評価結果

研究テーマ
大気中微小粒子に関する総合的研究
研究期間 20年度~22年度
研究目的  PM2.5の状況を把握し、削減対策として優先的に取り組むべき物質や分野を明らかにする。
研究内容 (1)環境局が実施するPM2.5に関する調査に係る解析及び技術支援
 大気環境調査や発生源調査について、調査・研究の企画及び委託仕様書・報告書案の作成等のサポート及び結果の解析を行う。
(2)シミュレーションモデルの構築
 PM2.5及び光化学オキシダント濃度の将来予測を行うためのシミュレーションモデルの構築を行う(外部委託)。
(3)レセプターモデルによる発生源寄与の推定
 発生源プロファイルの整備及びCMB法、PMF法によりPM2.5発生源寄与の推定を行う。
(4)二次生成機構の研究
 都内4か所において時間毎の濃度測定かつサンプル採取が可能なβ線式PM2.5測定器による観測を行い、光化学反応による二次生成過程について検討する。成分分析は夏期及び冬期に実施する。
(5)関東地方SPM合同調査
 PM2.5中の主要成分(元素状炭素、有機炭素、水溶性成分)の濃度の広域的把握を行う。
事後評価 A3名、B2名
評価コメント及び対応
  • 複数の機関と連携して研究を進めている点は評価できる。都独自の課題は、ないかを検討する事が必要と考える。
  • 都独自あるいは大都市に特有の課題について検討していきたいと考えます。
  • PM2.5に対する注目が集まる中、基礎的な知見を蓄積するための時宜を得た研究であり、社会的貢献度が高い。
  • CMB法の適用においても、8プロファイルによる解析が有効であることを明らかにしており、発生源寄与率の推計値の信頼性が向上したと判断できる。
  • 植物質燃焼の寄与率が他の知見と比較して小さい理由については、もう少し踏み込んだ考察が可能だったのではないか。
  • 有機粒子の寄与率が30%という推定値や、都内の人為起源が12%という推定は、どの程度の誤差を含むのかをできる限り定量的に見積もることが必要。
  • 植物質燃焼を含む有機粒子の寄与については、データをさらに蓄積し、精度の向上に努めていきます。
  • CMAQによるシミュレーションでも、新たな知見を得ている。
  • 対策立案に欠かせないモデルの精度向上にむけて、良い研究成果が蓄積されてきたと評価される。日本の中心である東京都の大気環境保全に向けて、全国をリードする研究推進を今後も期待したい。
  • 都域を越えた広域的な取り組みについて、具体的な方策を検討し、早急に実施されることを望む。
  • 広域的な取り組みについては、行政と連携して進めていきたいと考えます。
  • 必要性の高い研究であり,3年間で十分な成果が得られている。
  • 東京都のみで対応のできない汚染源に大しては,どのような方策があるか。他県との協力が必要。
  • 広域的な取り組みも行政と連携し進めていきます。
  • 成果の学術的なとりまとめと学会発表を急がれたい。
  • 多くの有益な成果が得られている。早期のデータとりまとめと環境行政への貢献を期待する。
  • 情報の公開をできるだけ行ってほしい。
  • 学会発表についても積極的に行っていきます。報告書のとりまとめ及び公表行い、今後の行政施策への反映を進めていきたいと考えます。情報公開及び外部への発表を積極的に行います。

このページの先頭へ