公益財団法人 東京都環境公社

文字サイズ

制度の内容(処理経費)

資源循環

制度の内容(処理経費)

東京都微量PCB廃棄物処理支援事業

制度の内容(処理経費)

制度の詳細については、

助成の対象となる廃棄物

国の認定又は都道府県知事の許可を受けた処理施設で処分する、次に掲げる廃棄物が助成対象廃棄物となります。

(1)微量PCBの含有が確認された絶縁油

(2)微量PCB絶縁油が封入されたトランス、コンデンサ等の電気機器

(3)微量PCB絶縁油が付着し、若しくは封入されたドラム缶等の容器

*ただし、ポリ塩化ビフェニルを絶縁材料として使用したもの並びに安定器および安定器から取り出したコンデンサは除きます。

助成の対象となる方

都内に助成対象廃棄物を所有する者であって、次に該当する方が助成金交付の対象者となります。

(1)個人(廃業した個人の方も含む)

(2)中小企業者(下記表のとおり、業種によって資本金・従業員数が異なります。)

業 種 資本金・従業員数
サービス業 5,000万円以下 または 100人以下
卸売業 1億円以下 または 100人以下
小売業 5,000万円以下 または 50人以下
製造業・その他の業種 3億円以下 または 300人以下

(3)中小企業団体

(4)マンション等建物管理組合法人

(5)会社以外の法人であって、常時使用する従業員の数が下記表以下であるもの
(国並び地方公共団体、(3)及び (4)を除きます。)

主たる事業 常時使用する従業員数
製造業、その他の業種に属する事業 300人
卸売業に属する事業 100人
サービス業に属する事業
小売業に属する事業 50人

※従業員数とは、労働基準法第20条の「予め解雇の予告を必要とする者」を従業員として考えます。
パート・アルバイト等の名目上は、臨時雇いであっても、解雇の予告を必要とする人員は従業員に含みます。
 
※学校法人、医療法人、財団法人、宗教法人、社会福祉法人、保育園、健康保険組合等は、従業員数が
100人以下の場合、助成対象となります。

※各業種・主たる事業は下記「参考 会社以外の法人の主たる業種について」をご参照下さい。
PDF:(参考 会社以外の法人の主たる業種について)(204KB)

 

※上記の各分類の詳細については、日本標準産業分類(総務省)を御参照ください。

助成の対象となる経費

(1)電気機器から微量PCB絶縁油を抜き取るために要する経費

(2)助成対象物の収集運搬に要する経費。ただし、次のア、イの経費は除きます。

    助成対象物を、保管場所から運び出し車両に積み込むための経費

   積み替え保管場所における作業に係る経費及び積み替え保管場所で発生する経費

(3)助成対象廃棄物の処分に要する経費
なお、消費税及び地方消費税は助成対象経費に含みません。

助成対象外

(1)国及び地方公共団体による申請の場合

(2)助成対象廃棄物の保管場所が都外の場合

(3)交付決定通知書を受領する前に運搬や処分をした場合

※交付決定通知書の発行よりも前に運搬や処分を実施した場合、助成金の交付はできません。

 

制度の内容についてのお問い合わせ

環境局 資源循環推進部 産業廃棄物対策課
PCB処理対策担当
電話:03-5388-3573