公益財団法人 東京都環境公社

文字サイズ

浄化槽法定検査事業

資源循環

浄化槽法定検査事業

浄化槽法定検査事業

浄化槽法定検査事業

浄化槽法定検査

 

検査員による検査風景

東京都知事から浄化槽法の法定検査機関としての指定を受け、都民の生活環境を保全し、公衆衛生の向上に寄与することを目的とし、浄化槽の適正な設置と維持管理を確認するため、浄化槽法の第7条及び第11条に基づく法定検査を行います。また、必要に応じて、管理者に対して、改善案等の助言も行います。

東京都環境局HP

法定検査のご案内

浄化槽法第7条検査(使用開始後の検査)

浄化槽を使い始めて3ヶ月を経過した日から5ヶ月間以内に行う検査で、浄化槽が適正に設置され、正常に機能しているかを検査します。

浄化槽法第11条検査(定期検査)

年1回の定期検査で、浄化槽が正常に機能しているか、また、日頃の保守点検や清掃が適正に行われているかを検査します。

検査手数料(平成28年4月1日現在)

人 槽 第7条検査 第11条検査
5人槽~10人槽 13,500円 5,500円
11人槽~50人槽 15,500円 8,500円
51人槽~100人槽 17,500円 10,500円
101人槽~200人槽 19,000円 12,500円
201人槽~300人槽 21,000円 14,000円
301人槽~500人槽 23,000円 16,000円
501人槽~1000人槽 25,500円 18,500円
1001人槽~5000人槽 27,500円 20,500円
5001人槽以上 29,000円 22,500円
主な検査内容

小型合併浄化槽(嫌気ろ床接触ばっ気方式)で一例をご紹介します

外観検査

水質検査

水素イオン濃度指数(pH)、溶存酸素量(DO)、透視度、残留塩素濃度、汚泥沈殿率などを測定します

書類検査

保守点検の記録の有無、保守点検記録の内容、保守点検の回数、清掃の記録の有無、清掃の記録の内容、前回の清掃日などを確認します

検査の結果、判定が「不適正」であっても、それ自体へのペナルティはありません。ただ、改善を怠り放置し続けていると、基準を満たしていない放流水が河川等を汚す恐れがありますので、検査結果書の指示に従って関係業者に相談するなど、適切な措置を講じていただくことが重要です。

 

お問い合わせ

環境事業部 環境事業課 浄化槽検査係
電話:042-595-7982
FAX:042-595-7983