関係者の最新動向

対策や要望(2019.11~12)

2020.01.22

1.自社の対応

・ 今後は、燃料化した廃プラをセメント業界への出荷することも考え始めた。

 

・ リサイクルパレット製造の廃プラの受入れ量はキャパに応じた形で増やしている。来年度以降、さらにラインを増設して処理能力を増強していく予定である。 

 

・ 処理料金を抑えるために今後は品質の良いものは受け入れ単価を下げ、処理料金の高い管理型埋立とならないように排出事業者への提案方法を検討していく予定。

  

・ 排出事業者であるメーカーとはセメント製造時に影響のある素材の塩素、硫黄、重金属等は設計段階で入れないよう調整を行っているところもある。

 

・ 自治体の不燃ごみなどを、処理だけでなく選別まで含めてできないかと考えている。リサイクルセンターや再資源化施設にかわる、中間処理設備を導入して一括で受けられないかと検討している。

 

 

2.排出事業者への要望

・ 廃プラに限った話ではないが、分別をしてもらえれば取扱量を増やすことはできる。

 

・ 工場などでの製造ラインからの排出時の分別をお願いしたい。

 

・ 荷物の品質で一番困ったのは電池の混入。輸入規制の後で、荷物とともに輸出業者から破砕会社に火災の発生場所が移っている。顧客に電池等の危険物除去を依頼しているが、なかなか解決しない。

 

・ 排出事業者への分別指導を徹底してほしい。

 

・ 食品リサイクルのケースのように排出事業者がリサイクル品の需要家になってくれることが理想である。

 

 

3.その他の事業者への要望・意見

・(出荷先へ)行政からの受け入れが優先されてしまうので、民間からの受け入れとのバランスを考えて欲しい。

 

・ 製造業者にリサイクル容易な品目を製造するよう後押しをしてほしい。