関係者の最新動向

【廃プラ市場の現状や変化・課題】キャパシティ、処理能力(2020.1)

2020.02.12

1.処理業者からの声

・ 需要が拡大すれば再生樹脂の製造量増加も検討するが、現時点では製造量拡大を検討していない。

 

・ 廃プラの受入量がピークとなった2017年頃、炉の中で焼却物が溶融し、炉の運転がストップしてしまったことがあった。マニフェスト上だけでなく実際の搬入量として廃プラが多くなったと認識した。そのため、受入量の上限を下げた。また、修繕費が増えた。修繕費の増加も処理料金の値上げの要因として挙げられる。

→ 市場全体では廃プラが溢れているのかもしれない。ただ、廃プラの当社への受入量をコントロールするのは難しいものの、当社の場合は廃プラ以外も含めた搬入全体でコントロールすることでバランスをとっている。