関係者の最新動向

【廃プラ市場の現状や変化・課題】処理料金、価格の変化(2020.1)

2020.02.12

1.処理業者からの声

・ プレ/ポストコンシューマの廃プラを購入し、ペレット化して再生樹脂として販売しているが、購入・販売ともに価格については中国輸入規制の影響の実感はない。当社は基本的に高品質な有価のプラスチックを扱っており、業界においては取り合いが起こっていることは認識しているが、当社では大きな影響は受けていない。

 

・ 中国輸入規制の影響として、廃プラの引き合いが2017~2018年頃に増加した。市場の動向を見ながら処理料金(収集運搬料は除く)を1割程度値上げした。値上げした状態は現在も続いている。

 

・ 当社への中国輸入規制の影響は大きくはない。取引先からの価格についての要求は常日頃からある問題であり、中国輸入規制があったからということではない。

 

・ 飲料メーカーなどの容器包装リサイクル法上の特定事業者が、現実的にペットボトル・びん・かん以外の廃プラをきっちり再商品化するためのコストをかける構造になっていない。