関係者の最新動向

Y社(材料リサイクルを行う事業者)ヒアリング状況

2021.03.19

1.廃プラスチックの受け入れについて

 

・容器包装プラスチックを由来とする再生ペレット、使用済み製品の粉砕物(自動車系、物流系、工場系、家電系)を受け入れ、再生ペレットを製造している。

 

・原料は全て有価で購入しており、必ず仕入れ元で1020mmに粉砕されていることが条件である。由来が明確でないものは受け入れていない。

 

・原料の調達先は全国にわたる。再生ペレットの需要変動に関わらず、原料の買取価格をある程度一定に設定しているため、遠方からも購入できている。排出側は廃棄物と認識しておらず、一つの収益源として捉えているため、きちんと分別してくれる。

 

・マテリアルリサイクルを進めるにはこのようなフローを作り上げるか、海外のように混合プラスチックを多量に集めて選別・処理していくのか、どちらかが必要だろう。

 

2.受け入れ基準について

 

・単一素材であること、大きさ(粉砕され1020mmであること)、においがないこと、異物がないことが基準となる。再生ペレットは出荷先で着色されるため、色は混合でよい。

 

・異物の量が重要となるが、産廃事業者は見た目で取り除くレベル、リサイクル事業者は洗浄と乾燥で取り除くレベルであり、差がある。

 

・由来が明らかであるプレコンシューマー材(工場端材等の市場に出ていないもの)と異なり、ポストコンシューマ材(回収した家電などの一度市場に出たもの)の場合は素材の種類や物性を自社で確認しなければならない。汚れの有無や物性の確認を念入りに行っており、リサイクルレベルを向上させている。どこまでコストをかけられるか、企業の考えが重要である。

 

3.オフィス系廃プラスチックのリサイクルに向けての課題について

 

・単一素材に分別してあり、かつ1020mmに粉砕してもらえれば受け入れられるが、弁当ガラは洗浄していないと難しいだろう。

 

・容器包装プラスチックと同等の品質であるため、容器包装プラスチック処理施設に入れるための前処理を行う施設を作れれば、マテリアルリサイクルが進むのではないか。

 

・前処理施設は洗浄と高度選別で構成されるが、敷地と人員が必要である。また、受入量の確保、効率的な回収・運搬も必要だろう。

 

以上