関係者の最新動向一覧

関係者の最新動向

産廃処理業者を中心に廃プラスチック処理に関する各分野の事業者、業界団体へのヒアリング結果等を掲載しています。

【廃プラ市場の変化】ヒアリング先各社(都内)の状況

2020.02.12

1.A社(破砕・選別処理(マテリアルリサイクル)を行う)

1.1 1回目(20199月時点)

・ 産廃の処理に関する問い合わせは去年からあったが、今年は急増している。特に、外資系企業はマテリアルリサイクルをグローバルスタンダードとしてルール化した企業が多く、問い合わせが増えている。

続きを読む >>

【廃プラ市場の現状や変化・課題】処理料金、価格の変化(2020.1)

2020.02.12

1.処理業者からの声

・ プレ/ポストコンシューマの廃プラを購入し、ペレット化して再生樹脂として販売しているが、購入・販売ともに価格については中国輸入規制の影響の実感はない。当社は基本的に高品質な有価のプラスチックを扱っており、業界においては取り合いが起こっていることは認識しているが、当社では大きな影響は受けていない。

続きを読む >>

【廃プラ市場の現状や変化・課題】量や需給、品質(2020.1)

2020.02.12

1.処理業者からの声

・ 中国の輸入規制以後、中国に輸出するためにペレット化する国内企業が増えている、と聴いたことがある。当社も従来ペレット化せずに廃プラを輸出していたと思われる国内企業からペレット化について相談を受けたことがあるが、コストが折り合わず、実際の取り組みには至らなかった。 

続きを読む >>

【廃プラ市場の現状や変化・課題】キャパシティ、処理能力(2020.1)

2020.02.12

1.処理業者からの声

・ 需要が拡大すれば再生樹脂の製造量増加も検討するが、現時点では製造量拡大を検討していない。 …

続きを読む >>

対策や要望(2020.1)

2020.02.12

1.自社の対応

・ 当社が再生材製造のコスト増加分を販売価格に反映したとしても、供給先が購入できる形を目指して、供給先に再生材購入のインセンティブを与えるべく現在実証実験を行っている。 …

続きを読む >>