公益財団法人 東京都環境公社

文字サイズ

実施レポート

イベント・セミナー

NO-FOODLOSS PROJECTとコラボレーション

社内で食品ロス削減を呼びかけるため、公社で運営している「東京スイソミル」のキャラクター「スイソン」と「ろすのん」のコラボデザインマークを作成し、東京都里山保全地域で間伐したエゴノキを使用したコースターで職員に食品ロス削減を呼びかけました。

 

NO-FOODLOSS PROJECTとは・・・

食品ロス削減にフードチェーン全体で取り組んでいくため、農林水産省が官民をあげ取り組む食品ロス削減国民運動です。

 

詳しくはコチラ>>

 

 

ろすのん×スイソンのコラボマークを作成

食品ロス削減国民運動のロゴマーク(ろすのん) ロゴマークは農林水産省において商標権を登録しています。

農林水産省に申請し承認がおりれば、使用することができます。

 

社員に向けた普及啓発を行うため、馴染みのある「スイソン(東京都環境公社が運営する東京スイソミルのキャラクター)」と、「ろすのん」を並べたコラボマークを作成しました。

 

 

【泣き顔】ろすのん×スイソン 【にっこり】ろすのん×スイソン

 

ろすのん活用事例集に掲載していただきました!>>

 

コースターを作成

コラボマークを使用したコースターを作成しました。

 

使用方法

食事を始めるときは、泣き顔の面を上にして使い、食事を全て食べきることができたら、にっこり顔の面に返して使っていただけるようになっています。

 

  

 

完成までの道のり

 

①「里山へGO!」でエゴノキを間伐  

 エゴノキはまっすぐで固く、コースターにぴったりの素材です。

 

  

 

 

②切り出したコースターをヤスリでみがく

 ツルツルにすることでスタンプが押しやすくなります。

 

③コラボマークをスタンプ!

 職員が一つ一つ心を込めて手作りしました。

  

 

  

 

④完成!

 若手の発案で生まれたコースター。食品ロス削減に向けて、まずは社内でPRしています。

  

 

 

 

東京都環境公社では東京都環境局が推進する「チームもったいない」に参加することに加え、若手職員有志で食品ロス削減プロジェクトチームを結成し、食品ロス削減に取り組んでいます。